役員挨拶

私達SJIは創業以来、オフショア開発の草分け的な存在として、お客様には安くて高品質なソリューションをご提供して参りました。
オフショア開発というビジネスモデルにより国内のお客様のニーズにお応えすることは、同時に、中国の雇用創出と技術発展に寄与し、システムソリューションを通じたグローバルな経済発展に貢献することでもありました。
人々の暮らしがより豊かになることで、私達自身もまた成長し、共存共栄を拡大していくことができました。

 

近年、人々や企業を取り巻くシステムの在り方が大きく変わろうとしています。
通信インフラの飛躍的な発達、ハードウェアの大容量化、モバイル端末の爆発的な普及が、ソフトウェアの進化を要求しています。
10年前には当たり前だったはずのシステム利用の方法が、今は全く異なる姿に変わっている例は枚挙に暇がありません。
書籍や日用品の購入、交通機関の利用、人や企業間のコミュニケーションなど、私達の身の回りにある無数の場面の裏側で、ソフトウェアは劇的な進化を遂げています。

 

SJIはこれまで主に金融機関のシステム開発において多くの実績を上げて参りました。
金融業界のハードウェアやインフラに対する深い知見は、私達のソフトウェア開発における大切な資産です。
フィンテック(Finance+Technology)といわれる技術革新は、これからの10年で金融サービスを劇的に変化させることでしょう。
私達は、人工知能、ブロックチェーンといった最新のテクノロジーをソフトウェア開発に積極的に取り入れることによって、世の中に新しい金融サービスをご提供し、人々の暮らしをより豊かにしていきたいと思っています。
グローバルな経済発展に貢献することは創業以来の私達の使命であり、それは今後も変わることはありません。

 

今後とも私達SJIを何卒宜しくお願い申し上げます。

                     CEO
代表取締役会長 八木 隆二

モバイルデバイスの性能向上及び普及・通信技術の進歩によって、インターネットがより身近になり、より深く社会活動に入り込み、私たちの暮らしが大きく変貌しています。
IoT、フィンテック、AI、ビッグデータなどの技術が、概念から実用化に近づき、既存のシステムもこれらの技術の応用によって、大きく変わろうとしています。
IT業界にとって大きなチャンスであると同時に大きな挑戦でもあります。

 

SJIは設立以来、40年以上にわたり、銀行・証券・保険などの金融業界をはじめ、物流・情報サービスなど多くの業種において、お客様と共にシステムを構築して参りました。
多くの業務経験を通じて、高い技術とそのノウハウを蓄積しています。
オンサイト開発・請負開発・オフショア開発など常にお客様にとって最適な開発方法でベストなサービスを提供することを心がけて参りました。
持前の技術力と最後までお客様の御要望にお応えしていく根性で、お客様の信頼と支持を得て、今日に至りました。
心から感謝しております。

 

これからのSJIは今まで蓄積した業務・技術のノウハウを生かして、時代の進歩と共に、IoT、フィンテック、AI、ビッグデータなどの技術を活かして、お客様と一緒にシステムを構築していきます。
同時に、ソリューション・サービスの提供を模索し、お客様の需要に合わせて、より広い範囲での社会貢献を図りたいと存じます。

 

SJIはお客様のパートナーを目指して今後も努力していきます。

COO
代表取締役社長 牛 雨

当社株式について平成28年9月24日付で株式会社東京証券取引所より特設注意市場銘柄および監理銘柄(審査中)の指定を解除となりました。
これまで、株主様、投資家様、取引先様をはじめとするステークホルダーの皆様には、多大なるご迷惑とご心配をお掛けしておりましたが、今後も引き続き内部管理体制の改善、強化をするとともに、株主様、投資家様、取引先様をはじめとするステークホルダーの皆様のご期待に沿えるよう、当社全役員、全社員が一丸となり業績の向上および信頼の回復に努めてまいります。

 

■財務戦略ついて

 

当社は、高効率な財務運営を経営の最重要課題として株主価値の最大化を常に目指してまいります。
具体的には、適切な負債比率を維持しつつ、ROAの向上や将来キャッシュフローの最大化を、全てのプロジェクト評価や経営の意思決定の要素として採用し、それらに基づき組織の運営や評価を行うことで、上意下達の組織生成を促す予定であります。
IRにつきましても、経営実態やビジョンを正確に遅滞無くお伝えするために、高い透明性と即時性をあらゆる方法で実現し、投資家の皆様との双方向コミュニケーションが最大限行えるような仕組みと体制を構築する所存です。

 

今後とも一層のご理解ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

CFO
代表取締役専務 山口 健治