沿革

1989年 7月東京都文京区音羽に「株式会社サン・ジャパン」を設立。ソフトウェア開発事業を開始。
1990年 12月中国江蘇省南京市に、「日本恒星(南京)電脳系統有限公司」を設立。
1991年 11月本社を東京都中央区日本橋浜町に移転。
1994年 12月中国安徽省合肥市に、「中国科学技術大学科技実業総公司」との合弁会社「合肥科大恒星計算機技術研究有限公司」を設立。
1998年 6月本社を東京都中央区新川に移転。
1999年 2月中国江蘇省南京市に、「南京日恒信息系統有限公司」を設立し、「上海菱通軟件技術有限公司」一部門 から発展したソフトウェア開発部門を、同社に移管。
2000年 11月中国安徽省合肥市に、「科大創新股份有限公司」及び「ソフトバンク・テクノロジー株式会社」(設立 当初出資者「ソフトバンク・テクノロジー・ホールディングス株式会社」)との合弁会社「安徽科大恒星電子商務技術有限公司」を設立し、「科大創新股份有限公司」の業務を移管。
2003年 3月ジャスダック証券取引所/現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。
2003年 4月「安徽科大恒星電子商務技術有限公司」の出資持分を追加取得し、連結子会社化。
2004年 10月「株式会社ティー・シー・シー」と経営統合。
2005年 3月「株式会社アイビート」と経営統合。
2005年 4月商号を「株式会社 サン・ジャパン」から「株式会社 SJホールディングス」へと変更。
2005年 4月全ての営業を新設会社「株式会社 サン・ジャパン」へ承継させ、純粋持株会社に移行。
2006年 4月「株式会社ティー・シーシー」と「株式会社アイビート」の営業の全てを共同新設分割し、両社の営業の全てを 承継させる新会社「株式会社SJアルピーヌ」を設立。
2006年 5月本社を東京都品川区東品川に移転。
2006年 5月「南京日恒信息系統有限公司」を「聯迪恒星(南京)信息系統有限公司」に 商号変更。
2008年 6月「聯迪恒星(南京)信息系統有限公司」の日本側統括子会社として「株式会社リーディングソフト」を設立。
2009年 4月「株式会社SJアルピーヌ」と「株式会社サン・ジャパン」が経営統合し、「株式会社SJI」に商号変更。
2009年 7月「株式会社SJホールディングス」と「株式会社SJI」が経営統合し、「株式会社SJI」に商号変更。
2009年 12月中国香港にて、ITサービス事業会社を運営管理する「神州数碼通用軟件有限公司」の株式を取得し、連結子会社化。
2010年 4月ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場 。
2010年 10月大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引 所JASDAQ(スタンダード)/現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。
2011年 9月石油化学エンジニアリングサービス事業を行う「LianDi CleanTechnology Inc.」の株式を取得し、連結子会社化 。
2011年 9月「科大恒星電子商務技術有限公司」及び「北京宝利信通科技有限公司」の出資持分の全てを譲渡。
2012年 7月「中訊軟件集団股份有限公司」の株式を取得し、連結子会社化。
2013年 1月介護システム事業を行う「Care Online株式会社」の株式を取得し、連結子会社化。
2013年 7月大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場 。
2013年 12月介護システム事業を行う「Care Online株式会社」の全株式を譲渡。
2014年 1月「株式会社SJI」の西日本3事業を会社分割し、関連会社化(持分20%)。
2014年 8月「株式会社SJメディカル」の全株式を譲渡。

2014年 12月~

2015年 2月

「中訊軟件集団股份有限公司」の一部株式を譲渡し、持分法適用関連会社化。
2015年 6月「中訊軟件集団股份有限公司」の全株式を譲渡。
2015年 6月「LianDi CleanTechnology Inc.」の全株式を譲渡。
2015年 6月「株式会社ネクスグループ」との資本業務提携。
2015年 6月第三者割当による新株発行にともない「株式会社ネクスグループ」が当社を子会社化。
2015年 10月本社を東京都目黒区大橋に移転。
2016年 10月「恒星信息(香港)有限公司」の全株式を譲渡。